ハーブの力で眠れるようになる秘密とは?その成分から徹底検証!

潤睡ハーブ

潤睡ハーブはどうやって睡眠の質を高めることができるのでしょうか?

薬品を使用せず植物から作られているのに、よく眠れるようになるというのは、ちょっと不思議な気がしてしまいますよね。このサプリの成分はどうなっているのでしょうか?どんな植物がどんな効果を発揮しているのかまとめてみようと思います。

→潤睡ハーブに配合されている植物とは?公式サイトで確認する

眠りに必要なものはアミノ酸だった!?メインの成分はコレ!

潤睡ハーブのメインとなっているのはクロレラです。クロレラには必須アミノ酸がすべて入っていて、最も良質なアミノ酸を多く含みます。

そもそも人が睡眠をとるためには良質なアミノ酸が欠かせない成分になります。アミノ酸が不足してしまうとイライラして眠っていても体が休まらない状態になるからです。

アミノ酸は本来なら食事から摂るものですが、食生活の欧米化が進んだ現代の日本ではどうしても不足しがちなものになります。更にバランス良くすべてのアミノ酸を摂るということはとても難しいことですよね。

潤睡ハーブはオリジナルブレンドでアミノ酸をバランスよく配合していますので、植物の力だけで体を休息しやすい状態にするのです。

精神的なイライラを鎮めて質の良い眠りへ・・・

更にそこに睡眠をとりやすい状態にする成分が配合されます。まずは精神的なイライラを取り除くことができる発酵ギャバが入っています。ギャバは癒しのハーブと言われていて、一緒に配合されているラフマエキスとの相乗効果で精神的に安らげる状態を作り出します。

確かに私も飲んでいて感じたのですが、気持ちが穏やかになって落ち着いて布団に入れるという日が増えたという実感がありました。

そしてクワンソウも睡眠の質を上げるためには欠かせないものです。オキシピナタニンという成分が睡眠に効果的という研究結果が出て注目を集めた植物です。

冷えを予防して眠りに入りやすいサポートをします

潤睡ハーブには金時しょうがとヒハツで冷えを予防するという効果もあります。ヒハツはコショウ科のハーブで金時しょうがと組み合わせることによって強力な冷え予防の効果を発揮します。

体が冷えているとなかなか眠りにつくことができませんよね?冬の寒い夜になかなか寝付けなかったという経験は誰しもがしたことがあるのではないでしょうか。体を温めることによって眠りに入りやすい状態にしてくれるのがこれらの成分です。

潤睡ハーブは体を眠りやすい状態に整えて、心を休ませることによって質の良い睡眠を実現させているんですね。

→潤睡ハーブの成分について詳しく見てみる

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ